So-net無料ブログ作成

尖閣諸島 所有者 栗原国起

土地の所有問題で話題の、尖閣諸島の現在の所有者さんは、栗原国起さんという
埼玉に住んでいる実業家さんだったそうですね。

私有地だったことにも驚きましたが、
2002年頃から、栗原さんは日本に年間2,450万円で貸しているっていうから
さらに驚きですよね!

だって、栗原国起さんは、古賀辰四郎さんという実業家の方から
1970年代に約4,600万円で購入したんだそうですよ。

すごい利益になっている事になります。

尖閣諸島には、第二次世界大戦以前は一時期住んでいた人もいたようですが、
地質が火山性で岩盤がむき出しになっていて、
水源がないので、現在は無人島なんだそうです。

日本の漁船が漁をするにはあまりにも危険が大きいらしいのですが、
人も住めない、漁も出来ないとすると、
一体なんのためにこの土地を守ろうとしているんでしょうかね?
プレートの関係で、尖閣諸島は沖縄から年々距離が
離れていっているみたいですしね。

石原都知事が、尖閣諸島を東京都が買い取ると発表しましたが、
これからまだまだ問題は山積みみたいですね。

「尖閣諸島」の関連商品を楽天市場で検索



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
Copyright © A new thing All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。