So-net無料ブログ作成

悪女について あらすじ

悪女について あらすじ

TBSドラマ「悪女について」に沢尻エリカさんが出演するそうですね。
悪女についてのあらすじを見たら、沢尻エリカさんは悪女役みたいです。
悪女についてがどんなあらすじかというと・・・

【悪女について あらすじ】
昭和61年、日本が高度成長の真っ只中でバブル経済に浮かれていた頃、一人の女性実業家がビルから転落死した。
彼女の名前は、富小路公子(沢尻エリカ)。
20歳で彗星のように実業界に現れ、一代で巨万の富を築き、才女・魔性の女といわれた公子が謎の死を遂げた――。

自殺か他殺か…多くの恨みを買っていた公子の死に、さまざまな憶測が飛び交った。
その公子を15歳の頃から知る沢山栄次(船越英一郎)も、公子の死が理解できない一人だった。
小さなラーメン屋で稼いで憧れの宝石店を開き、経営の勉強のために簿記学校へ通っていた沢山は、そこで公子と出会った。
当時、鈴木君子と名乗っていた彼女は、母のブローチをみせ、沢山に鑑定を依頼してきたのだ・・・


あらすじが壮絶ですね!

原作「悪女について」をみたら、もっと壮絶でした。





共通テーマ:テレビ
Copyright © A new thing All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。