So-net無料ブログ作成

三毛猫ホームズの推理 7話 あらすじ

三毛猫ホームズの推理、7話のあらすじはこんな感じです。

火事のアパートの火災現場に遭遇した、義太郎。
石津刑事と現場にかけつけて、中に取り残されたいた老夫婦とインコを救い出します。
なんで、インコ?
ひょっとして、このインコが何か鍵を握るのでしょうか?
それとも、ホームズとインコのツーショットがあるのでしょうか?

 >>「三毛猫ホームズの推理」の関連商品を楽天市場で検索

まぁ、それはさておき。
あらすじの続きです。

さてこの火事、最近の連続放火事件と関連しているのでは?
館内で、老朽化した住宅を狙った連続放火事件が起こっていたのです。
野次馬写真から容疑者として疑われたのは、週刊誌の編集長・有田令子(紺野まひる)。
令子は、事前に義太郎たちが助けた老夫婦に取材をしていたのです。
でも令子は容疑を否認。そして、
「事件を未然に防ぐ気はないのか!」と逆切れ。

令子は釈放されますが、後をつけた義太郎は、社会の闇と立ち向かう令子の姿を見るのです。
さて、その闇とは・・・・




共通テーマ:テレビ
Copyright © A new thing All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。