So-net無料ブログ作成

金星の太陽面通過 2012 肉眼

金星の太陽面通過は、2012年6月2日。
さて、この天体ショーを肉眼で見ることはできるのか?

答えは・・・
見えるといえば、見えるし、
見えないといえば、見えません。

まず、肉眼で見るにしても、日食グラスは必須です。

2012年5月21日の金環日食でおわかりのように、肉眼で見る太陽は、かなり小さい。
金星の太陽面通過は、その小さな太陽のなかに見えます。
700mmくらいの望遠で、ようやく見える太陽の黒点。
それよりもさらに小さく見えるのが金星の太陽面通過。

つまり、そのままの倍率では、かなり目のいい方でないと見えないと思います。

金星の太陽面通過を観察するには、できれば倍率をあげてみたいところですが
天体望遠鏡で直接太陽を見るのは危険。
観察には、太陽投影版を使うのが一般的のようですね。

 >>「太陽投影版」を楽天市場で検索

望遠鏡+日食グラスで見るのは危険です。




共通テーマ:地域
Copyright © A new thing All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。