So-net無料ブログ作成

6月6日 金星の太陽面通過

6月6日、金星の太陽面通過が見れます。
2012年って金環日食に始まり、6月6日の金星の太陽面通過、
6月4日には部分月食と、天体イベントが目白押しです。

【送料無料】天体観察入門

【送料無料】天体観察入門
価格:1869円(税込、送料別)



7月15、6日は、月と金星、木星が並ぶ様子も見れそうです。

6月6日の金星の太陽面通過の時間は朝7時からお昼の2時頃まで。
当然のことながら、日食グラスが必要です。

日食グラスを通して見ると、太陽面を太陽黒点よりも少し小さい黒い点が
移動していくのを観察することができます。

この金星の太陽面通過は、243年に数回しかみれない、とてもまれな現象。
次の金星の太陽面通過は、なんと105年先の2117年の12月。
つまりは、6月6日を見逃したら、もう二度とみれないほど貴重な天体現象です。



共通テーマ:地域
Copyright © A new thing All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。